--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/01.Sun

『ぼくを探しに』

ぼくを探しにぼくを探しに
(1979/04)
シェル・シルヴァスタイン

商品詳細を見る



図書館の「秋の絵本フェア」コーナーにて。
ふと手に取る。

前回読んだのはいつだったかな?と思い出しつつ、
ソファに座ってゆっくりじっくり読んだ。


読み終えた後、ほろっと涙が出そうになった。


人生に答えは無い。
それを優しい絵とシンプルな言葉で伝えてくれる大人の絵本。

心静かなひと時に読んで欲しい本です。
スポンサーサイト
BOOK   | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こんにちは。
ユキさん

こんにちは。
絵本。
つい手にとってしまうものってありますよね。
この間もフラッと本屋の絵本コーナーにいました。
昔懐かしいものだったり、初めて知ったものだったり。

絵と行間の楽しみがありますもんね。

「ぼくを探しに」

行ってみます。



急に寒くなってきましたので、
季節の変わり目、体調崩さないようにしましょうね。


ではでは。


ご無沙汰です♪
◆OGAWAさん
お久しぶりです~ お元気ですか?

絵本は、絵を見て文を読んで 自分の頭の中で
それをイメージ出来るから、とても人間の成長に
必要なモノではないかと思ってます。

想像力が欠けてしまうと、人の気持ちに気付きにくくなり 自分のことばかり考えてしまうのかな…
だから、絵本は心豊かな人を育てる大切なものだと感じています。

秋の夜長に、珈琲でもゆっくり飲みながら読んでみて下さいね♪


管理者のみに表示
« 空の上にて。 | HOME | 秋桜 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。