--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/21.Mon

言葉

地震から10日。

少しずつ普段の生活に戻って来た。

もちろんテレビなどで被災地の情報を得ながら、自分に出来る支援を心がけるようにしている。

外食・買い物も経済が停滞しすぎないよう、いつものペースで。



その中で感じたこと。

遠く離れた私たちは、なんとか被災地の方々を励ましたい思いで

つい「頑張れ!」を連呼してしまう。

もちろんその言葉に励まされる方も多くいると思う。

しかし、とある被災者の方が言っていた。

「自分達はもう頑張っている。その中で頑張れ!と言われると

どう頑張ればいいのかわからない。これ以上、何を頑張ればいいのか」と。

言うのは簡単。でも、同じ境遇に立たないと相手の気持ちを推し量ることは決して出来ない。

言葉は励ますことも出来るが、刃にもなる。

安易に使いすぎてもいけないし、使わないと気力が出ないこともある。

本当に難しい。



心が辛く折れそうな時。

そんな時は、そっと寄り添ってあげって話を聞いてあげること。

今からの被災地にはメンタルケアの専門家と、これからの生活を指南してくれる専門家が

必要なんだろうなと感じる。



この前読んだマザーテレサの言葉。

『100人救えないのなら、1人を救いなさい』

『小さなことでも、大きな愛をこめてやることならできる』

この言葉に、遠隔地にいる者の復興支援のヒントが書いてあると思う。



小さな力が終結して、大きくなり 東日本がエネルギーある街に戻るまで

出来ることをやっていこう。

スポンサーサイト
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。